インプラント治療は現在、保険治療外となっており自費治療です。
費用が安いに越した事はないのですが、インプラント技術や信頼性を考慮すると本当に大丈夫なのでしょうか。

インプラント治療費の考え方

歯科医の技術、信頼、その後のフォローなども含めて考える事が必要です

インプラント治療には下記の費用がかかります。

  • 検査・診断費用
  • オペ費用
  • インプラント(人工歯根の部分)の費用
  • 被せ物(セラミックスや金属の冠)の費用
  • メンテナンスの費用
  • 静脈内鎮静法にかかる費用
  • CTスキャンにかかる費用
  • 骨増生にかかる費用

トータルすると歯1本当たりのインプラント(上の被せ物も含めて)で、40万〜50万ぐらいかかります。 また、インプラントの維持費ともいうべき、メンテナンスの費用(年2回〜4回)や、保証期間は下記の通りです。

当医院の場合のおおよその費用

検査診断費用、オペ費用(1次オペ、2次オペを含む)を含め、

インプラント1本(スタンダードな状態) 25万円〜
被せ物 メタルクラウン(GOLD、PGA、その他) プラス7万円〜
セラミックス冠 プラス7万円〜
静脈内鎮静法 6万円
CT費用とCTによるシミュレーション 4万円

また、骨が薄い方や高さが足りない方のための骨増生のインプラントの費用については、以下の通りです。

サイナスリフト 25万〜30万円
骨移植 20万〜25万円
G.B.R.(メンブレンを使用) 10万〜15万円

なお、メンテナンス費用は、当初2年間は無料です。
※ただし患者様の使用状態のより別途、費用がかかる場合もございます。

インプラントの治療費と技術の信頼性

適正な費用をご判断ください

インプラントは自費治療なので費用に差があります。費用が安いに越した事はないのですが、インプラント技術(埋入手術や骨の再生治療など)の確実性やインプラント素材の信頼性を考慮するなら、あまりに安すぎるインプラント治療には疑問が残ります。また、歯を失った部分を単にインプラントで補うのではなく、口腔内全体を健全な状態にする治療の一貫としてインプラント治療を取り入れている医院では、その分費用が高くなってしまいます。しかし、口腔内全体が良好な状態であれば、より快適に、より長期間インプラントを機能させることができます。

インプラントの医療費控除について

インプラント治療にかかった費用は、医療費控除の対象になるのでしょうか。

インプラントの医療費控除について

インプラント治療は、医療費控除の対象です

インプラント治療にかかった費用は、医療費控除の対象となります。
確定申告のときに申請すると、所得総額と治療費に応じて所得税が一部戻ってきます。

医療費控除とは?

医療費はどういうケースで控除されるのでしょうか

医療費控除は、納税義務者本人または本人と生計を一にする親族が一年間に支払った医療費が基準額を超えた場合に対象となります。

支払った医療費の総額-保険金等で補てんされた金額-10万円または所得金額の5%のいずれか少ない金額=医療費控除額(上限200万円)